ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毛糸の帽子 
2006.12.05.Tue / 20:09 
ROでは毛糸は200コ位ならあるのですけれども
 不意に友人が被せてくれた顔まですっぽり入る毛糸の帽子が暖かくて温かかったのでこういう事なんだろうなぁとほんわかしたのです。
 しかし静電気はどぅにかならぬものかー
スポンサーサイト
スポンサーサイト毛糸の帽子へのコメント
----

静電気。
それは冬になるとやってくる帯電体質の人々の天敵。

この時期になるとスティール製のドアノブに触れるのをつい躊躇してしまいます。
…たまに人の手に触れた時に静電気が起こることも。
静電気に悩まされる一人として心中お察し致します。

- from 懺悔夜叉 -

----

乾燥した時期にドアノブに触るときは指から触れるのではなく一度手のひらで触れてから握るのをお勧めします。

静電気は放電の一種なので雷と似たようなもの。
結構な電圧になるので指先とかから放電されるととてつもなく痛いのですよね;;
ってことで手のひらみたく面積の広いところで1度電荷を逃がしてやるといいです。

- from メル -

--れすれすー--

>夜叉さん
 夜叉さん帯電体質Σ( ̄□ ̄)!?
 不意に触ったら痛い思い~やらは嫌ですね…乾燥も困ったものです(´・ω・`)
 そんな夜叉さんに(´・ω・)っ[静電気除去シート]

>メルさん
 明日使える雑学知識Σ( ̄□ ̄)
 確かにそれは聞いた事があるかもです…
 帽子脱いだ時やらに起こる静電気にはどうやって対処すればいいでしょうか(´・ω・`)?

- from 神楽 -

----

>メル様
静電気対策ご教授してくださって有難う御座います。
多少は軽減されました。
セーターや帽子を被った時は良く静電気が起こりますね。
車のドアを開けるときなども静電気がきたりすることもあります。

聞いた話ですが、くせっ毛の方で髪の毛が細めの方は静電気が起こりやすい体質なのだそうです。
確かかどうかは分かりかねますが…

- from 懺悔夜叉 -

----

>神楽さん
1番安直なのは帽子を被らないこt・・・と言いたいけど
この場合それでは答えになりませんね。

とりあえず、天然素材を使用したものの方が帯電しにくいらしいです。
そして、重要なのは保湿でしょうか。
体に溜まった電荷を上手に逃がしてあげられれば放電は避けられるので
水分重要です。(`・ω・´)

>懺悔夜叉さん
>くせっ毛の方で髪の毛が細めの方は静電気が起こりやすい
とのことですが私は聞いた事ないような気もします。
しかし、
くせっ毛だと摩擦が発生する場所が多くて電荷が移動し易いとか、
髪の毛が細いと言うのも細い場所で放電し易い
という静電気の性質からなのかなと思わなくもないです。

そしてビックリしたのですが、静電気体質は体表面だけの問題ではなさそうです。
ドロドロ血液や体内のマイナスイオン不足の人ほど自然放電が上手くできないらしく電荷が溜まり易いとか。

静電気が起きやすい素材はこんな感じらしいです
ttp://puti77sweets.seesaa.net/article/25835688.html

- from メル -

--れすー--

 なんだか科学的な話がこんなトコロで盛り上がっているΣ( ̄□ ̄)!

>夜叉さん
 思いっきり直毛の剛毛です。・゚・(ノ∀`)・゚・。マイテモスグナオルシ
そういえば百均等でも静電気除去シートが売ってましたから其処までお悩みの様でしたらお使いになられるのも手だと思いますよヽ(・ω・)ノ

>メルさん
 ちょっとスプレーアイロンが欲しくなりましたΣ( ̄□ ̄)
ずっとセーターやらニットやらのふわもこしたものが起こり易いと思って居たのですけれどそれだけでは無いのですね~…
洋服の組み合わせにも気をつけよぅ…(っ・ω・)っ

- from 神楽 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト毛糸の帽子へのトラックバック
スポンサーサイト毛糸の帽子のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

truemeaning

truemeaning
Thor
 メディタ型廃プリ
 Agi戦闘ケミ
 魔法Sノビ

Iris
 Agi>Strアサ
 Dex>Luk BS

その他Eir・sara色々
男垢も有。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 *たわれうた*(閉鎖中) All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。